#19 国内旅行は格安高速バスがオススメ

旅行

どうも、勉強好き&旅行好きのbenです。

 

近々旅行に出かけたいんだけど、あまり費用かけられないんだけど、オススメの移動手段って何かあるの・・・❓

今回はこのような疑問に対して問題解決していこうと思います。

 

自己紹介】初めまして、benと申します。
中国語を全くの初心者から独学で10年ほど学び、現在の語学LVは
中級以上です。3年以内にプロ通訳ガイドとして活躍するために
日々、勉強に精進しています。

 

最後までお一読頂けると幸いです。

高速バスがオススメです

結論、旅行に行くなら「格安高速バス」がめちゃくちゃ良いです。

旅行となると移動手段は自家用車や新幹線、そして飛行機が多いと思います。

ここ数年の間に国内各地に長距離便をとばす高速バスもますます増え、

特に「安い」コスト面からすると私個人もバス移動は好きです。

主に高速バスは始発便はほとんど各地主要駅から発車されることが多く、

利用者にとっては利便性の点からも非常に喜ばれる移動手段として

最近では根付いてきていると思います。

 

高速バスのメリット・デメリットとは・・・

メリット

コストが安い
時間が選べる
バスによっては個室シートもある

サクッと順番に解説していきます。

メリットとは・・・❓

コストが安い

まずは、なんといってもコストを抑えられるのが一番の魅力である高速バスですよね。

バスの座席タイプ・シートのリクライニングなどによっては値段にバラつきがありますが、

それでも他の移動手段と比較すれば圧倒的なコスパの良さにはやはりかないません。

ただコストが安いだけでなく同時に各座席にはブランケットや、耳栓が完備されていることが多く、

バスによっては空調のききすぎなどで困るケースも出てきますので、そういった場合には

このサービスはありがたいところですね。

 

時間が選べる

そして高速バスならではの利点の中で時間が選べる点があります。

24時間ほとんどの時間で運行している高速バスは利用者にとってはかなりのメリットなはずです。

例えば、現地に朝一で到着してそこから日帰りで夜には現地を出発したいなんていう

旅行者にとっては最高な時間設定だと思います。

 

バスによっては個室シートもある

最後は、バスによってはなんと個室シートタイプの車両もあるということです。

個室タイプの席には、アイマスクやカーテンもあり、覆えば本当に自分一人の空間がそこには出来上がります。

一般的な座席配列としては2席×2席のパターンが多く、他人が隣同士になるのが嫌な人などは

ちょっと贅沢にこういったサービスを使うのも全然ありです。

また、個室専門の高速バスも運行しているのもご存知でしょうか。

「東京(池袋)〜大阪(門真車庫)間」運賃+座席料金込で約20000円、

ドリーム スリーパー号」というバスがあります。

一度、乗ってみたくありませんか・・・❓❓

気になる方はこちらまでどうぞ

デメリット

時間がかかる
人によりバス酔いになる
リラックスできない場合がある

一方でデメリットも見ていきましょう。

 

デメリットとは・・・❓

時間がかかる

一番のデメリットといっていいほど、やはり「時間がかかる」のが大きいです。

例を挙げますと、東京〜大阪間を新幹線で乗車の場合、所要時間はのぞみ号ならばおよそ180分なのに対し、

高速バスの場合ですと、大阪駅まで乗車したとしてもおよそ8~9時間を要するほど

差は歴然です。

かつ、高速バスの場合、道路状況によっても到着時間に差が出てきます。

時間に前もって余裕ある旅行者なら絶対バスでいきましょう!

人によりバス酔いになる

現に著者の私がすぐにバス酔いにやられてしまうほど、弱いです・・・。

ですので、自分は絶対にバス酔いにはならないだろうと思っている人でも
いざバスに揺られているうちに急に酔ってしまうこともあります。

乗車前には酔い止めを用意して万全の状態で楽しく旅行先で楽しみたいですよね。

バス酔い以外にも、座席上にある小さな空調口からでる風も私は結構苦手で、

あの匂いというか、風を受けるだけでも吐き気がしてしまうほどです・・・。

リラックスできない場合がある

実は、座席の位置によってはかなりリラックス度に差が出てくるのをご存知でしょうか。

その位置とは、バスのタイヤの真上にあたる座席位置のことです。

特に、バスのエンジンの振動が大きく身体に響いて、バス酔いとのWパンチにより

過去に私はひどい目に遭いました・・・。

リラックスしたくてつもりが振動だらけで快適に過ごせなかったなんて

もったいないと思いますので、なるべくそれ以外の座席を選ぶ手もありです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本各地(一部地域除く)に格安で行ける「高速バス」に人生1回は乗車してその良さを味わってみるのは

どうでしょうか。

移動だけはコストを抑えて、その他の旅費にはたくさんお金を使いたいと思っている方も多いのでないでしょうか。

今回はこのような内容でご紹介致しました。

ご一読、ありがとうございました。

以上、benでした!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました