#18 ラクして成果の出る勉強法とは【超時短術】

勉強

どうも、benです。

 

これから試験勉強したいんだけど、仕事が忙しくてなかなかテキスト開いて勉強する時間なんてない・・・、ラクして勉強できる方法はないの・・・❓

今回はこのような疑問にスポットを当てて解決していきたいと思います。

現代人にとって仕事などで何かと忙しくて、悠長にテキストを開いて勉強している暇など
ない方も多いはずです。

是非上記に当てはまる方にご参考にしていただけたらと思っています。

 

自己紹介】初めまして、benと申します。
中国語を全くの初心者から独学で10年ほど学び、現在の語学LVは
中級以上です。3年以内にプロ通訳案内士として活躍するために
日々、勉強に精進しています。

 

では早速見ていきましょう!

 

ラクして成果の出る勉強法とは・・・

結論から言いますと、勉強法的には、テキストやペンは不要、必要なモノは、イヤホン&スマホのみでokです。

こんな手軽なツールのみで果たしてどのようにして成果をあげられるのか、
また、勉強時間はどの程度すればいいのかをこちらの記事でご紹介します。

※実際に私も試した勉強法で、私なりに考えた内容になっています。

 

スマホとイヤホンを手にして外出しましょう

どのような勉強法かと言いますと、まず勉強前にあらかじめスマホ内に、インストールしておくアプリがあります。

1 :ボイスレコーダーアプリ
2 :studyplusアプリ

上記2点になります。

まずボイスレコーダーの用途ですが、その日にマスターしたい勉強箇所をあらかじめテキストから抜粋してその部分をまとめてボイスレコーダーに吹き込んでおきます。

そして、吹きこんだ内容をスキマ時間のたびに聞き流すだけになります。

そして毎日の勉強を徹底的に後押ししてくれる心強いアプリがstudyです。

こちらのアプリにも事前にあらかじめ目標とゴールを設定しておく必要があります。

登録は簡単ですので、インストールしてみましょう。

この2つでどこにいても勉強できちゃいます!

PDCAサイクルを回しましょう

PDCAの重要性についてはすでに記事にしていますので、こちらも合わせてご参照くださいませ。

つまりは、やるだけやってフィードバックなしに漫然と勉強してるだけでは、成果に繫がるどころか、逆に悪くなります。

最低でも1週間に一度、できたら週末に改善点を探してみましましょう。

 

5分あればok より効果を高めるためのプラスαの勉強法

超時短勉強法に慣れて、さらに結果に直結したやり方をご紹介します。

その日インプットした勉強をアウトプットしまくるだけです。
自分でまとめて独り言のようにつぶやきましょう!

これのみです!

なぜこのようなことが有効なのか。
黙々とテキストを見ながらノートに内容を要約して勉強しても、つぶやく=声に出す
方が、記憶力の定着化がしっかりとされていたことです。

私は今までの勉強では、無駄にノートにテキストからかいつまんで重要なところにマーカーひいたり
付箋を貼ってみたりと、「勉強した気」になっていました。

ですが、この時短術を試したことで、ふとした瞬間に記憶として蘇ってきたという
結果に至りました。

是非、試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

いかに工夫していかに結果を出すか・・・、多忙な毎日の中でスキマ時間を見つけて
少ない時間でなるべく一つでも多くのものを収穫したいところだと思います。

私なりの勉強法が参考になればと思っています。

以上、benでした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました