#13 中国語は独学可能です【最速3ヶ月あればOK】

中国語

どうも、benです。

 

これから中国語を勉強したいんだけど、語学学校に行く費用、講座を受けるような費用もないから一人で勉強していきたんだけど、それってできるかな

このような疑問に対して悩みを解決させていただきます。
【自己紹介】初めまして、benと申します。
中国語を全くの初心者から独学で10年ほど学び、現在の語学LVは
中級以上です。3年以内にプロ通訳案内士として活躍するために
日々、勉強に精進しています。
では早速、見ていきましょう!


中国語独学は可能なのか

結論、独学は可能です。

では何故可能なのか、具体的にご説明します。

大前提としてどの言語も共通して言えることがあり、
それは「日常会話程度ならば独学は可能」という
結論だと私は思っています。

つまり、中国語のプロ通訳者・翻訳者など専門知識を有する道で
活躍したい場合などに関してなら、専門の学校に通うなどして能力をつけなければ難しいでしょう。

一方で、日常会話などの簡単な表現ならば、必要最低限のワードや決まり文句さえ
覚えればいいわけなので、特段難しい表現はいらないためと言えます。

最低3ヶ月あれば基礎は身につけられます

日本人が中国語を勉強する時は、「漢字」を使うので習得するのにさほど
時間はかからないかなと思います。
読み・書きは比較的ラクだと言えるでしょう。

ですが、聞く・話すとなるとどうしてもつまづきやすいポイントになります。

それは、「日本語にない音があること」です。
この「音」を正確に理解することで、キレイな中国語を発音することが実現できるわけです。

中国語の発音に関しての記事も書いてますので、こちらも是非ご一読下さい!

 

聞く→話す→聞く→話す、これでOKです

簡単に言えば、「インプット作業で吸収して、アウトプット作業で解放する
このような流れになります。

ここでは実際に、まだ言葉を習得していない赤ちゃんをたとえに取るとわかりやすいです。

生まれたばかりの頃は1語も喋れず、喃語(なんご)=あかちゃん言葉をずっと話します。

成長過程で、徐々に両親の話す言葉や、周りから聞こえてくる言葉を
耳からインプットすることで理解が進み、やがては自分で口に出すことで、
初めて言葉として通じて会話が成り立つといった具合でしょうか。

母語以外の言語を習得したい場合は極論、これの繰り返しになります。

とにかく、聞こえてきた音を感じて吸収してそれを吐き出す作業の繰り返しなのです。

 

中国語の試験にもトライしましょう

ある程度、日常会話にも慣れてきてコツを掴んできたら次は試験に受験してみましょう。

試験に関する記事も出してますので、こちらから是非ご参照下さい!

自分を高めるためにも、試験に受けることは絶対ムダなことではないので
一回は受けてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

語学を勉強している人というのは、その先に自分が思い描く理想像のようなものがあって
その目標に向かって突き進んでいくプロセスを辿るのだといつも感じています。

独学で学ぶことは素晴らしいと思うし、それによって自分の限界も知れることにもつながります。

学校へ通い教わることも確かにいい手段だとも思いますが、
「独り」で学ぶことへの面白さも味わってみるのも良いかもしれませんね。

以上、benでした!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました