#11 中国語辞書選びはどれがいい❓【厳選3選】

中国語

どうも、benです!

本記事は、中国語を勉強している方向けに、絶対持っておくべき
「中国語辞書」を厳選してご紹介したいと思います。

「いろいろと辞書あるけど、結局どの辞書がいいの❓」などといった
【疑問・解決】に焦点を当てていき、進めていきたいと思います!

【自己紹介】初めまして、benと申します。
中国語を全くの初心者から独学で10年ほど学び、現在の語学LVは
中級以上です。3年以内にプロ通訳案内士として活躍するために
日々、勉強に精進しています。

では見ていきましょう。

かなり使える!中国語辞書【厳選3選】

いづれも現在進行形で愛用している辞書です。

 

weblio 中国語辞典【アプリ】無料

→→使いやすさ  ⭐️⭐️⭐️

→→機能面      ⭐️⭐️

→→総合評価     ⭐️⭐️⭐️

weblio辞書は中日相互翻訳できる機能や、一番最大の利点として「辞書並の豊富な語彙翻訳ボリューム」に長けているところがおすすめです。本格的に語彙の意味を知りたい方向けにぴったりなアプリです。そして用例なども豊富で無料にしてはかなり満足できる辞典ではないかと思っています。

SHARP製「Brain」電子辞書

 

→→使いやすさ ⭐️⭐️⭐️

→→機能面   ⭐️⭐️⭐️

→→総合評価  ⭐️⭐️⭐️

お値段は¥1280と超リーズナブルで、スマホのように片手でキーを打てるほど

日常に溶け込んだサイズの辞書です。

「タッチペン」が搭載されており、ディスプレイ上に意味の知りたい単語を書いて

それを機械が自動判別してくれて意味を抽出してくれます。

本体は全く重くないので、持ち運びにおいても問題ない辞書です!

 

ポケットプログレッシブ中日・日中辞典【紙媒体】

→→使いやすさ ⭐️⭐️

→→機能面   ⭐️⭐️⭐️

→→総合評価  ⭐️⭐️

紙媒体の辞書でありながらも重さは300グラム前後とページ数も
圧巻の1373ページもあり小さいサイズながら新語にも対応している
強者です。

私が中国語を勉強して初めて購入したのがこの辞書で
今でも大切に使っています。

アプリや電子と比較すると、手引きしながら探す手間がかかるので
若干面倒ですが、辞書といったら「紙」だよ!という方なら
かなりおすすめですね。

 

中級者からは音声翻訳もおすすめです

ある程度中国語を学んでいる方向けにこちらもご紹介します。

voice Tra【アプリ】無料

→→使いやすさ ⭐️⭐️⭐️

→→機能面   ⭐️⭐️

→→総合評価  ⭐️⭐️⭐️

日中相互音声翻訳アプリです。音声以外にも実際に文字入力をして翻訳させる機能も
ありますので、試してみるのもいいかもしれません。

音声翻訳と聞くと一般的に対訳の精度の質が落ちるとよく聞くと思いますが、
質はほとんど正確性があり、かなりコスパの良いアプリです!

このアプリ、例えば「自分はあまり発音が下手でちゃんと言ったこと認識してくれるかな」
と思っている方もいるかもしれません。
実際、発音の音階=声調がずれていたりしても正しい単語として結果表示されるので、
相当賢いアプリとしかいいようがありません!
かなり使える辞書です。

学習者は入れるべきですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現代は紙媒体の辞書を使うよりもスマホアプリで辞書を使う傾向が
強い気がしますが、紙も電子もそれぞれの良いところがあり、
個人的には紙辞書をこれからも使い続けていきたいなあと思っています。

以上、benでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました